哲学オンラインセミナー

お知らせ

次回以降のセミナー

形而上学は閉じられない——エスノメソドロジーで拓く精神医学の哲学——(2022年828日)

■日時:2022年82814:00(JST)より

登壇者
レクチャラー:後藤真理子(リサーチマップ
レクチャラー:河村裕樹(
リサーチマップ
司会:三浦隼暉(
リサーチマップ

■プログラム:
後藤真理子氏によるレクチャー(50分)
河村裕樹氏によるレクチャー(50分)
全体討論(60分)

概要
こんにちは!精神医学の哲学とエスノメソドロジーを架橋的に扱う入門イベントを企画しました。今回は、お二人のレクチャラーの方をお招きしています。精神疾患の存在論的身分について専門で研究されている後藤真理子さんには、社会構築主義の観点から概略的に精神医学の哲学についてレクチャーしていただきます。また、精神科医療機関でのフィールドワークで得られたデータを、エスノメソドロジーの方法論的態度において分析されている河村裕樹さんには、エスノメソドロジーという営みそれ自体や、それを通して精神医学の哲学を実践へ拓いていくことの可能性についてレクチャーしていただきます。各方面から精神医学の哲学に関わる方々、あるいは社会学の方面から精神医学に関わっている方々など、さまざまな方々のご参加をお待ちしてます!

レクチャラーの一人である河村さんは先日『心の臨床実践——精神医療の社会学』(ナカニシヤ出版)を刊行されました。ご興味ある方は、ぜひ本イベントと合わせてチェックしてみてください!

後藤真理子氏のレクチャー内容
本レクチャーでは、(精神疾患の実在論を支持する主張についても言及するが)精神疾患に関する社会構築主義に焦点をあて、その概説を行う。A.Horwitz(2012)によれば、社会構築主義は大まかに3種類に分類することができる。すなわち、(1)純粋な構築主義(Pure Constructionism)、(2)相互作用的な社会構築(Interactive Social Construction)、(3)有害な機能不全(Harmful Dysfunction)である。本レクチャーでは、この中でも(2)相互作用的な社会構築に重点を置き、精神医学の哲学における社会構築主義の概略説明を行う予定である。

河村裕樹氏のレクチャー内容
本レクチャーでは、精神医療のエスノメソドロジーについて紹介する。精神医学的概念は、その実在性と構築性をめぐって多様な学問領域で議論が交わされてきた。しかし精神医学的概念との向き合い方は、研究者だけでなく、精神医療に関わる人びとにとっての課題でもある。これらの議論や課題は、切り離されたものというよりは、相互に関わり合いながら成り立っているといえる。本レクチャーでは、人びとの実践における概念の論理文法を探求するエスノメソドロジーの考えや研究を紹介し、精神医学の哲学的議論を、人びとの実践へと拓いていく可能性について考えていく。

■主催:哲学オンラインセミナー

ZoomミーティングルームSlackの#generalチャンネルをご覧ください。開催が近づきましたらチャンネル内でURLが公開されます。

参加方法

  1. 原則として、事前登録不要・無料でどなたでも参加できます(回によっては事前登録・参加料を必要とする場合があります)。

  2. 必ず事前にセミナー受講のガイドラインを参照した上で参加してください。

  3. 原則として、Zoomを用いて開催します。ミーティングの招待URLは、荒らし防止のため、直前まで公開されません。

  4. セミナーによって、アーカイブ動画を公開するものとしないものがあります。アーカイブ化する場合は講演部分のみとし、質問等はカットします。

  5. セミナーのテーマや関連分野に関する議論、および参加者の交流にはSlackの#議論交流用チャンネルを使用してください。

  6. 一回の参加につき500円を目安に寄付をいただけると大変助かります(任意)。寄付はこちらから。

企画・個人発表などについて

関連リンク

WOMEN: WOVEN:https://women-woven.philosophyonline.net/

哲学研究者を志す女性のネットワークを構築を目的として、講演・Slack運営を行っています。

哲学イベントカレンダー: https://sites.google.com/view/philosophyeventscalender/

哲学イベントカレンダー「哲カレ」では、登録されたイベント情報をカレンダー形式で閲覧することができます。本セミナーをはじめとした哲学関係のイベント・学会情報については、「哲カレ」をあわせてご利用ください。

過去に開催されたセミナーはこちら

募集中または開催中の研究会等についてはこちら

概要

本セミナーは、Web会議システムを用いてオンライン上で開催される、哲学全般に関するセミナーです。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、多くの大学・研究機関では研究集会等の中止を余儀なくされています。これによって研究機会を奪われてしまう事態を可能な限り減らすべく、オンライン上での定期的な研究集会を企画しています。現在講演者および参加者を専門分野・所属に関わらず広く募集中です。

告知用Twitter

https://twitter.com/pos20200403

Youtubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCyTsqKEDRs-9F8pnVV5CETw

Slack

  • 本セミナーは現在Slackを用いて運営されています。本セミナーのSlackワークスペースは、セミナーの企画・開催および登録者間のコミュニケーションに使用されます。

  • このワークスペースには誰でも参加することができます。参加希望者は、Slack利用のガイドラインを参照した上で、ページ下部の招待リンクより登録してください。

  • 登録や利用方法に関して質問・問題がある場合は幹事まで連絡してください。


登録者数 1400名 (2022年2月18日現在)

支援のお願い

セミナーの運営および若手研究者支援のための資金を寄付・クラウドファンディングにて支援していただいています。

【都度寄付】https://congrant.com/project/philosophyonline/2321

⇒ セミナーへの参加ごとに500円を目安に寄付をお願いしています(必須ではありません)。

【継続支援】https://community.camp-fire.jp/projects/view/301468

⇒ 月額500円もしくは1500円で継続的な支援をお願いしています。HPへのクレジット掲載付きのリターンを選択された方のお名前はこちらに掲載させていただきます。ご支援頂き大変ありがとうございます。

会計報告

研究者支援

研究構想発表

主に修士・博士課程の学生を対象とした教育および研究支援制度です。持ち時間は一時間以内、主に土曜日の開催を予定しています。詳細についてはこちらのページを参照してください。


質問箱

このSlackワークスペース内には、哲学研究者を目指している人や、哲学を学びたい・学んでいる人向けに#質問箱を開設しています。このチャンネルでは、進路や勉強についての疑問や悩みに現役の哲学研究者が回答します。相談室を利用したい場合は上述のリンクから参加登録をした上で、チャンネルに参加してください。


機材購入費助成制度

当セミナーでは、若手研究者支援の一環として、オンラインセミナーに用いるための機材購入費助成制度を発足しました。この助成制度は、クラウドファンディングの支援金を予算として運営されています。詳細については以下のページを参照してください。

機材購入費助成制度について

ガイドライン

Slackおよびオンラインセミナー参加にあたってのガイドラインです。各自確認の上参加してください。質問等あればSlackにて質問するか、幹事にメールしてください。

  1. Slack利用について

  2. セミナー受講について

  3. セミナー企画・開催について

連絡先

問い合わせはSlackの #問い合わせや要望 チャンネルにお願いいたします。Slackに入れないなど特別な事情がある場合のみ、以下のアドレスからご連絡ください。

info[at]philosophyonline.net


※ 少人数・ボランティアで運営を行っていますので、お問い合わせの返答にお時間をいただくことがあります。ご了承ください。※ 開催を予定しているセミナーの取材については、オーガナイザー・講演者に直接許可を取った上で、通常の参加者と同様にご参加ください。幹事への問い合わせは必要ありません。

幹事

遠藤進平  

三浦隼暉

幹事補佐

五十嵐涼介

森田紘平

企画協力

長門裕介

槇野沙央理

加地翔太

代表 :五十嵐涼介

所在地〒192-0397 東京都八王子市南大沢1丁目1

電話番号:080-1846-6717


  • ご連絡の際はSlackでお願いします。電話よりも、Slackに書き込んでいただいた方が迅速に対応できます。
  • Slackに入れないなど特別な事情がある場合のみ、メールご連絡ください。

  • 郵便等の送付は可能な限り遠慮していただくようお願いします。もしどうしても送付しなければならない事情がある場合は、事前にご連絡ください。