哲学オンラインセミナー

お知らせ

「物理学の哲学レクチャー」の広報について(2021/09/10

1 経緯

哲学オンラインセミナーが主催で開催する予定であった「物理学の哲学レクチャー」の参加よびかけ文として、講師である森田が、「万人が好きなもの」の例として「カツカレー」を用いました。また、セミナー幹事の遠藤が、広報の一貫として、その文面にもとづき、カツカレーの画像をあげました。


なお、現在は取り下げておりますが、当初の内容については以下で確認できます。
広報用のページ
ツイート魚拓(当該画像が添付されたツイートが表示されます)


2 問題点

広報に用いられた文面およびツイートに添付された画像がブタの肉食である「カツ」を表していることは明らかです。動物の権利にもとづく倫理的な理由、信仰する宗教などさまざまな理由から、こうした表現を避けている方々がいます。にもかかわらず、万人が好むものとしてカツカレーを例にあげること、またそれを示唆する画像を宣伝に用いることにより、「より広い範囲の聴衆に、専門的で近寄りがたいとされる物理学の哲学にふれてほしい」という本来の趣旨とは外れた広報となってしまいました。よって「カツ」の比喩およびそれを示す画像を宣伝に用いることは不適切かつ不必要だと考え、とりさげます。


3 今後の対応について

本レクチャーの開催については、より万全の体制とするために、無期限延期とします。開催時期などが決まり次第、お知らせします。


わたしたちは決して「若手」等の集団を代表するものではなく、独立組織です。しかし、既存の学術団体に対するオルタナティブとなりうる互助組織として、より広い範囲の人に参加してほしいとねがって活動しています。この目的を果たすべく、この件にかかわらず、これからもより多くの人からの意見に耳を傾けたいと思います。

どんなことでも構いません。運営への意見や要望は、Slackワークプレイスの #問い合わせや要望チャンネル にお寄せください。また、チャンネルの作成も自由に行えます。


哲学オンラインセミナー幹事

遠藤進平、三浦隼暉

次回以降のセミナー

反出生主義勉強会~反出生主義の過去と現在と未来を考える~(2021年1022日)

日時1022日(19時から

ゲスト:森岡正博(早稲田大学)

司会・登壇:水島淳(反出生主義研究会)

概要:2021年10月22日(金)19時から、哲学者の森岡正博先生をお招きして反出主義についてのオンライン勉強会を開催たします。反出生主義研究会がこれまで開催してきた勉強会を通して提起された疑問点を中心に、森岡先生と水島が対談形式で議論を行います。また聴講者もZoomのチャット機能を使用して質問を行えます(質問多数の場合は取捨選択いたしますのでご容赦ください)。反出生主義の最前線で研究をされている森岡先生に直接質問できる貴重な機会ですので、反出生主義に興味関心のある方は奮ってご参加ください。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

主催:反出生主義研究会
共催:哲学オンライセミナー

ZoomミーティングルームSlackの#generalチャンネルをご覧ください。

W山本のレッスンみたいな:「うららかとルポルタージュ」のことば、演劇の現場(2021年1024日)

日時1024日(19時から

登壇者山本浩貴(いぬのせなか座)、山本伊等(Dr. Holiday Laboratory)

司会:三浦隼暉

概要:ちょっとディープな演劇の話ききませんか?Dr. Holiday Laboratoryを立ち上げ、11月に旗揚げ公演「うららかとルポルタージュ」を予定している山本伊等さんと、同公演に戯曲を提供した山本浩貴さんをお迎えして、演劇の理論から演出の現場の様子まで、楽しくお話していただきます。

山本伊等さんは、現在クラウドファンディングで劇団「Dr. Holiday Laboratory」の旗揚げと活動のための資金を募っています。https://camp-fire.jp/projects/view/485220

ZoomミーティングルームSlackの#generalチャンネルをご覧ください。

川瀬和也『全体論と一元論:ヘーゲル哲学体系の核心』合評会(2021年116

日時116日(土)14時から

登壇者:辻麻衣子(清泉女子大学)、清水雄也(一橋大学)、木本周平(東京都立大学)

アーカイブ化未定

ZoomミーティングルームSlackの#generalチャンネルをご覧ください。

言語の力──ベンヤミン『言語一般』論と哲学者たち(2021年11月27日)

日時11月27日(土)14:00-17:00

主催:一橋哲学・社会思想セミナー

共催:哲学オンラインセミナー

ZoomミーティングルームSlackの#generalチャンネルをご覧ください。

主旨文:言語の力が弱まっている。支離滅裂で冗長な時間潰しの答弁を経て、ついに単なる機械的反復に成り下がった政治家たちの言語、流砂のように溢れては消えていくネット上の言語、他者を差別し排除するためだけに発せられる、毒々しくも空虚な言語ーーそれは、言語の堕落と言っても過言ではないかもしれない。ヴァルター・ベンヤミンの『言語一般および人間の言語について』(以下、「言語一般」論と略記)という、一見不可解なタイトルを持つ論文は、そうした言語の堕落状態を洞察し、楽園追放以前の純粋言語という想定のもと、人間の言語がいかに低次のものであるかを知らしめている。

 しかしベンヤミンは人間の言語を諦めなかった。むしろ「言語一般」論では、言語がまさに堕落したがゆえに、無二の特性や可能性を獲得したことを仄めす論述に、読者は幾度となく遭遇することになる。また、その言語論は、その神学的な装いだけでなく、名と対象の必然的な一致とそれによる認識に固執する点で、同時代の言語哲学の大家であるソシュールやヴィトゲンシュタインから大きく遅れているようにも見えるが、バベルの塔に象徴される言語の分裂 ・多様化に対する洞察、言語を情報伝達手段として捉えないという洞察、人間の言語を単なる理想的なものとして理論化しないという洞察は、その後の言語論を先取りしていたとも言え、やはり決して軽視できない契機を含んでいる。おそらくこうした理由で、世紀後半に言語と伝統の荒廃を目の当たりにした哲学者たちも、単に言語を断罪するのではなく、その荒廃から、何らかの可能性を見出し、言語を取り戻す糸口を得るために、ベンヤミンの言語論に立ち返った。

 そこで本シンポジウムでは、幾人かの哲学者たちとともに、多角的な観点から『言語一般』論を紐解き、ベンヤミンが人間の言語に託した可能性や、その言語論の独自性を捉え直していきたい。提題者3人のうちの府川は、後の『翻訳者の使命』と併せ、人間の言語という堕落には、同時に言語の多様性・多文化主義を擁護する視点が含まれていることを論じる。青木は、言語が単なる情報伝達手段ではないという洞察を、ハンナ・アーレントがいかにベンヤミンから政治や思考の言語として引き継いでいるのかを『人間の条件』や『精神の生活』に依拠して論じる。遠藤は、情報伝達や知識の拡大といった理想的な使用だけでなく、侮蔑や差別そしてナンセンスといった「悪い」言語使用をも検討対象とする近年の言語哲学の発展を紹介し、ベンヤミンの仕事が現代の形式的な仕事にも与える示唆を議論する。そしてこれらの観点から、より深くかつ繊細な議論を導くために、近年ベンヤミンの言語哲学や歴史哲学に対する著作を刊行している柿木伸之氏を特定質問者にお迎えする。

参加方法

  1. 原則として、事前登録不要・無料でどなたでも参加できます(回によっては事前登録・参加料を必要とする場合があります)。

  2. 必ず事前にセミナー受講のガイドラインを参照した上で参加してください。

  3. 原則として、Zoomを用いて開催します。ミーティングの招待URLは、荒らし防止のため、直前まで公開されません。

  4. セミナーによって、アーカイブ動画を公開するものとしないものがあります。アーカイブ化する場合は講演部分のみとし、質問等はカットします。

  5. セミナーのテーマや関連分野に関する議論、および参加者の交流にはSlackの#議論交流用チャンネルを使用してください。

  6. よろしければ、一回の参加につき100-500円を目安に寄付をいただけると大変助かります(任意)。寄付はこちらから。

関連リンク 

哲学イベントカレンダー: https://sites.google.com/view/philosophyeventscalender/

哲学イベントカレンダー「哲カレ」では、登録されたイベント情報をカレンダー形式で閲覧することができます。本セミナーをはじめとした哲学関係のイベント・学会情報については、「哲カレ」をあわせてご利用ください。

過去に開催されたセミナーはこちら

募集中または開催中の研究会等についてはこちら

概要

本セミナーは、Web会議システムを用いてオンライン上で開催される、哲学全般に関するセミナーです。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、多くの大学・研究機関では研究集会等の中止を余儀なくされています。これによって研究機会を奪われてしまう事態を可能な限り減らすべく、オンライン上での定期的な研究集会を企画しています。現在講演者および参加者を専門分野・所属に関わらず広く募集中です。

告知用Twitter

https://twitter.com/pos20200403

Youtubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCyTsqKEDRs-9F8pnVV5CETw

Slack

  • 本セミナーは現在Slackを用いて運営されています。本セミナーのSlackワークスペースは、セミナーの企画・開催および登録者間のコミュニケーションに使用されます。

  • このワークスペースには誰でも参加することができます。参加希望者は、Slack利用のガイドラインを参照した上で、ページ下部の招待リンクより登録してください。

  • 登録や利用方法に関して質問・問題がある場合は幹事まで連絡してください。


登録者数 1104名 (2021年8月28日現在)

支援のお願い

セミナーの運営および若手研究者支援のための資金を寄付・クラウドファンディングにて支援していただいています。

【都度寄付】https://congrant.com/project/philosophyonline/2321

⇒ セミナーへの参加ごとに100-500円を目安に寄付をお願いしています(必須ではありません)。

【継続支援】https://community.camp-fire.jp/projects/view/301468

⇒ 月額500円もしくは1500円で継続的な支援をお願いしています。HPへのクレジット掲載付きのリターンを選択された方のお名前はこちらに掲載させていただきます。ご支援頂き大変ありがとうございます。

会計報告

研究者支援

研究構想発表

主に修士・博士課程の学生を対象とした教育および研究支援制度です。持ち時間は一時間以内、主に土曜日の開催を予定しています。詳細についてはこちらのページを参照してください。


質問箱

このSlackワークスペース内には、哲学研究者を目指している人や、哲学を学びたい・学んでいる人向けに#質問箱を開設しています。このチャンネルでは、進路や勉強についての疑問や悩みに現役の哲学研究者が回答します。相談室を利用したい場合は上述のリンクから参加登録をした上で、チャンネルに参加してください。


機材購入費助成制度

当セミナーでは、若手研究者支援の一環として、オンラインセミナーに用いるための機材購入費助成制度を発足しました。この助成制度は、クラウドファンディングの支援金を予算として運営されています。詳細については以下のページを参照してください。

機材購入費助成制度について

ガイドライン

Slackおよびオンラインセミナー参加にあたってのガイドラインです。各自確認の上参加してください。質問等あればSlackにて質問するか、幹事にメールしてください。

  1. Slack利用について

  2. セミナー受講について

  3. セミナー企画・開催について

連絡先

info[at]philosophyonline.net


※ 少人数・ボランティアで運営を行っていますので、お問い合わせの返答にお時間をいただくことがあります。ご了承ください。※ 開催を予定しているセミナーの取材については、オーガナイザー・講演者に直接許可を取った上で、通常の参加者と同様にご参加ください。幹事への問い合わせは必要ありません。

幹事

遠藤進平  

三浦隼暉

幹事補佐

五十嵐涼介

森田紘平

企画協力

青田麻未

長門裕介

槇野沙央理

加地翔太

代表 :五十嵐涼介

所在地〒192-0397 東京都八王子市南大沢1丁目1

電話番号:080-1846-6717


※ご連絡の際は メールでお願いします。郵便等の送付は可能な限り遠慮していただくようお願いします。もしどうしても送付しなければならない事情がある場合は、事前にご連絡ください。